家庭用エアコンと業務用エアコンの違いの説明

エアコンには家庭用エアコンと業務用エアコンがあります。エアコンを購入しようと考えた場合に家電量販店に足を運ぶ人は多いでしょう。家電量販店にはあらゆるメーカーのエアコンが展示されていますが、こうして展示してあるエアコンはほとんど全てが家庭用エアコンです。家庭用エアコンは一般的な家庭で使用するエアコンです。もちろんこうした家庭用エアコンを店舗や事務所に取り付けること自体は可能です。しかしながら店舗や事務所は家庭よりも広い空間であることがほとんどです。使用する環境が一般的な家庭と異なる場合にはそれに適したエアコンを使用することでより快適にエアコンを使用することが可能となるのです。そのため店舗や事務所で使用したい場合はより運転能力が高い業務用エアコンを使用することをおすすめします。

家庭用エアコンと業務用エアコンの違いとは

家庭用エアコンと業務用エアコンがあること自体を知っていても実際にどのような違いがあるかは知らないという人も多いでしょう。家庭用と業務用エアコンとの大きな違いはまず馬力が異なり、冷暖房を効かせることのできる空間の広さが異なるのです。家庭用は23畳程度までが一般的となりますが、業務用はそれよりも広い空間に対応しています。馬力が異なるため当然ながら電圧も異なり、業務用エアコンを設置する場合は電気会社と電気の契約が必要な場合もあります。また家庭用エアコンは設置する部屋の広さで対応するエアコンを選ぶことがほとんどですが、業務用エアコンを設置する場合、広さだけではなく、人の出入りの場所かどうかや、火を使うかどうかによっても空調の調節方法が異なるため選ぶ際は注意が必要です。

業務用エアコンを効率的に使用する裏技とは

近年では夏になると猛暑が続くことが多く、業務用エアコンを設置していても、なかなか室内を冷やすことができない場合があったり、また冷房のための電気代がかさむ一方という業者も多いでしょう。業務用エアコンを効率よく使用する方法として、室外機は排気した風が再び跳ね返ってこないように目の前に壁などがないことが望ましいです。そのため室外機を適切な場所に設置する方法や、直射日光が当たる場合は専用の日よけを設置したり、打ち水をかけることでより快適にエアコンを使用することができます。最近では打ち水をかける専用のポンプの販売もあるため、わざわざ打ち水をかけにいかなくても自動で打ち水をかけることが可能です。またフィルターの清掃や内部清掃を行うだけでも消費電力を抑えることができます。他にも自動運転を取り入れることで必要な場合のみに稼働するため消費電力を抑えることが可能となります。