業務用エアコンのメンテナンス方法

エアコンには家庭用と業務用がありますが、業務用エアコンは会社や店舗などに取り付けられている大きなエアコンのことです。業務用エアコンは、家庭用エアコンよりも本体が大きく、耐久性も高くて壊れにくくパワフルです。使う電力も大きい為空調が整い、エアコンに負担がかかりにくいからです。そのため、電気料金も高くなると思われがちですが、家庭用エアコンは電気料金の基本料金は低いですが、利用料金は高くなります。業務用エアコンは、基本料金は高くなりますが使用料金は低くなるので電気代の心配はさほどありません。掃除に関しても、家庭用エアコンと同じでフィルター掃除などはご家庭で簡単にお掃除できます。そのため、ご家庭でも新築時やリフォーム時に、リビングなどの広い部屋に業務用エアコンを導入する方が増えています。

業務用エアコンの省エネ効果と電気代について

エアコンは新しいエアコンになればなるほど省エネ効果が期待されます。特に業務用エアコンは使う電力も大きい為、新しいエアコンと古いエアコンでは電気代に大きな差が生じます。そして、電気料金の契約も家庭用エアコンと業務用エアコンでは違います。普通のご家庭では家庭用エアコンを使用するので電灯契約をします。ですが、業務用エアコンを使用する場合、低圧契約にします。低圧契約は、電気を使えば使うほど使用する電気代が安くなります。エアコンを長時間つけるという方はこちらのほうがお得になります。電気代はエアコンを掃除するかにも大きく関わってきます。とくにフィルター掃除は定期的に行わないとホコリや汚れがフィルターをふさいでしまい、余分な電力を使ってしまい電気代があがってしまうので定期的な掃除を忘れずにしましょう。

業務用エアコンの簡単なお掃除の仕方

エアコンは定期的に掃除をしないと冷暖房の効きが悪くなったり、カビやホコリが発生してそれが原因でアレルギーや喘息をおこしてしまう場合があります。業務用エアコンの簡単なフィルター掃除の仕方があります。まず、お掃除する前にエアコンのコンセントを抜くかブレーカー本体を落とすかどちらかをしましょう。その後フィルターを取り外してから掃除機で汚れを吸います。この時、表側も裏側も掃除機をかけるといいでしょう。それでも落ちなかった汚れがあった場合は、中性洗剤をスポンジに少量つけ優しくこすって汚れを落としてください。あとは外で乾燥させるだけです。乾燥させたら、フィルターを取り付けなおして終わりです。月に一回はフィルター掃除をするといいでしょう。ただし、エアコン内部のお掃除は複雑なので業者の方に頼んでください。