業務用エアコンの性能比較に関して

業務用エアコンができることとして、梅雨の時期の部屋の乾燥や部屋干しの殺菌を除湿モードで利用することです。また、壁に染みついたにおいも除湿モードで除去することができます。業務用エアコンの性能は、1.5馬力~10馬力まで対応可能で、大きな電力で空調を整えられ、多少の外気が入ったとしても温度が一定に保つことができ、PCや機械に対してもカバーできます。高い馬力が持続できるという利点があります。ただ電源が三相のため工事が必要になり、基本料金は高めになりますが、使用料金は低くなるので、工場などの場合は、お得になります。室外機のケアも、室内機、複数に対して1台となります。タイプも埋め込みや吊りとあり、使用目的に適したものを選ぶことができます。また、メ―カー保証が長くなっていますので、安心できるのではないでしょうか。

業務用エアコンの賢い選び方教えます

業務用エアコンの場合、能力を表す単位「馬力」が使われています。設置する場所から検討するとよいでしょう。設置場所が扉の開け閉めが多い、熱源が多い場合は適用サイズより大きめをえらんだほうが良いです。例えば、1.5馬力なら事務所・学校・病院14~20畳、商店、デパート、倉庫10~14畳、理美容室8~10畳、飲食店6~10畳と、用途と設置場所によって形状も変わってきます。飲食店などの天井埋め込み型のメリットは景観を崩さない、デメリットはメンテナンスがしにくい、倉庫などの天井吊り型のメリットはメンテナンスがしやすい、体育館や映画館の床置き型、メリットはメンテナンス容易、デメリットは狭くなる、事務所などの壁掛け型のメリットは設置がしやすい、デメリットは音が大きい以上のことをポイントとして選んではいかがでしょうか。

業務用エアコンのお手入れの方法

業務用エアコンを定期的に掃除などのお手入れをしないと、冷暖房の効果の低下や空気が臭う、カビやアレルギーによる健康被害などを起こしてしまいます。まずできることから行いましょう。フィルターの掃除をこまめにしましょう。掃除するには、必ず電源プラグを外してください。もし、電源プラグが見つからなければ、ブレーカーを落としてください。漏電などの危険があるためです。フィルターを外し、掃除機で裏表両面を吸い取ります。取り除けない場合は、水洗いします。それでも取り除けない場合は、中性洗剤をつけ、スポンジで優しくこすります。ドライヤーで水分をある程度とり、その後天日ほしで乾かします。1カ月に1回程度フィルター掃除をしてください。1年に1回程度、内部掃除の専門業者に御願いすれば快適に過ごすことができます。