育毛剤にはどんな種類があるのか徹底解説

自宅で薄毛や抜け毛のケアを行う場合、育毛剤が便利です。他に育毛シャンプーという方法もありますが、育毛シャンプーは頭皮の環境を整えて髪の毛が成長しやすい状態を作り上げるためのものですので、抜け毛や薄毛の原因にアプローチする場合には育毛剤を使う必要があります。使い始めると、じわじわと効果が現れます。すぐにはっきりとした効果が現れるわけではありませんので、症状が改善されていないのではないかと不安になる人も多いようです。しかし、効果を実感できるようになるまでには数ヶ月を要しますので、ケアを始めてから少なくとも三ヶ月は様子を見守らなければなりません。待ちきれなくて次々と利用する商品を変えてしまうと、全てが中途半端になって効果が出にくくなります。

自分の症状に合わせて選ぶことが大事

実際に利用し始めることを決めたら、自分の症状に合わせて選ぶことが大切です。若いうちから薄毛の症状に悩まされているという場合、ほとんどが男性型脱毛症であると考えられます。その場合、男性ホルモンの働きを抑えるタイプが有効です。体質的に男性ホルモンの働きに強く影響を受けてしまうタイプの人がいて、家族性の薄毛が疑われるケースも多いのですが、男性ホルモンの働きを上手く抑えることができれば症状は改善できます。ですから、遺伝だからと諦めずに根気良くケアを続けることが大切です。遺伝的な要素を持つ場合であっても、実際に症状を引き起こしているのは日ごろの食生活や夜更かし、ストレス、運動不足などの後天的な要因であることがほとんどであり、努力次第で改善できる部分です。

男性ホルモンを抑える以外の効能

男性ホルモンを抑えるタイプ以外にも、皮脂の分泌を抑えたり、毛母細胞を活性化させるために必要な栄養素を補給したり、毛細血管を拡張して血行を促進するタイプがあります。乾燥から抜け毛や薄毛が酷くなることもありますので、乾燥状態を改善するタイプもあります。皮脂の分泌量が増えすぎると毛穴詰まりの原因なり毛包や毛母細胞の働きを阻害してしまいますし、栄養素が不足してしまうと細胞は正常に分裂を行うことができなくなり、新たな髪の毛を作り出したり成長させる働きが弱まります。血行不良に陥っている場合、せっかく摂取した栄養が毛根まで届けられませんので、毛根は栄養不足に陥ります。これらのトラブルの要因を解決する成分が含まれていますので、育毛剤を選ぶ時には自分に必要な効能から探すようにします。